邦画『カノジョは嘘を愛しすぎてる』

人気少女漫画が原作の、邦画「カノジョは嘘を愛しすぎてる」は、2013年12月に公開されました。主演に佐藤健、ヒロインには一般応募のオーディションを勝ち抜いた大原櫻子が選ばれました。佐藤健演じる小笠原秋と、大原櫻子演じる小枝理子の”嘘から始まった恋”を、彼らが紡ぎ奏でる音楽とともに描いた作品です。劇中で登場する全ての楽曲の作詞・作曲を、有名音楽プロデューサーの亀田誠治が手がけており、アルバム「映画カノジョは嘘を愛しすぎてる-MUSIC BOX-」に全曲収録されています。他にも、かつて小笠原秋が所属していたCRUDE PLAYの「サヨナラの準備は、もうできていた」と、理子が歌うMUSH&Co.の「明日も」が、それぞれシングルとして実際に発売され話題となりました。映画の観客はそのほとんどが若年層の女性が占めており、原作コミックや若手俳優陣たちの人気を証明した結果といえます。青春ともいえる自分の音楽を商業的な思惑に汚されたことや、歌手である恋人の裏切り行為で業界に嫌気がさしていた秋は、ある日出会った理子に「ひとめぼれした」と嘘をつき、自分の名前も正体も偽り付き合うことに。一方の理子も、「歌う女は嫌いなんだ」という秋の言葉に、実は幼馴染みとバンドを組んでいることを言えないままでいます。嘘から始まった二人の関係は、彼と彼女を取り巻く共通の人物達と音楽によって、互いの本当の姿へと導かれていきます。しかし秋は彼女を守る為、また嘘をついてしまいます。それでも理子は秋を想うことをやめず、秋もまた、それに応えるように歌を作ります。いつだって嘘と音楽が二人を繋いでいた、切ないラブストーリーです。

大原櫻子さんの邦画出演履歴

1996年1月10日生まれの、大原櫻子(おおはらさくらこ)さんは、女優・歌手・ラジオパーソナリティと、多方面で活躍されています。大原櫻子さんの...  詳細はここから ⇒